社会福祉法人様向け

NEWS

社会福祉法人の財務諸表等電子開示システムの試行運用説明会が開催
~試行運用スケジュールが示される~

10月12日、社会福祉法人の「財務諸表等電子開示システム」に係る試行運用説明会(東京会場)が開催され、試行運用に向けたスケジュールや操作方法についての説明が行われました。システムの本番稼働は平成29年6月以降を予定し、すべての社会福祉法人が事前にシステムの主要な操作を確認できるよう、試行運用期間が設けられています。なお「財務諸表等入力シート」には現在、各法人が使用している会計システムのデータを取り組むことができる機能が備えられていますが、会計システムからアウトプットされるCSVデータを11月上旬に公開される「財務諸表等入力シート」のインターフェース仕様に合わせる必要があります。詳細は、今後試行運用開始までに(独)福祉医療機構ホームページの「社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム関係連絡板」にて公開される予定です。

(参考:WAM NET)

トップに戻る